お知らせ

ワークショップ第2回「画用紙じゃない!?」を開催しました

画用紙の使い方を子どもたちの自由な発想で考える

画用紙は「画」のための用紙と名付けられています。画(かく/え)とは言うものの、「絵」「書」や「描」だけに留まりません。「○○用紙」を子どもたちにはどのようなアイデアを発想し、考えて使ってくれるのでしょうか。思いきって、こどもたちに委ねてみました。

がようしラボ第2回ワークショップの様子